当社の活動報告やお知らせ、ホスピタリティマネジメント、ホテル経営に関するコラムのページです

  • PGHエンタープライズ株式会社

「アウェアネス・ハラル・セミナー」でのパネル討論に登壇しました

更新日:2020年2月25日

投稿日:2018年7月6日

本セミナーは(一社)京都ビジネスリサーチセンター主催、京都大学経営管理大学院共催、

観光庁・(一財)関西観光本部・(一社)グローバルビジネス学会後援によって、2018年

6月19、20日に開催されました。

本セミナーは、世界の人口の約3割を占めるムスリム(イスラム教徒)マーケットの日本への誘致拡大による観光立国の推進をにらみ、日本のサービスおよび食品業界を対象として、インバウンド向けのムスリムビジネスに関する基礎知識やビジネスを実施する上での心構えを学んでいただこうと開催されたものです。

当社の代表は、観光客の受け入れ態勢について、シームレスでかつ日本型のホスピタリティ(相手の文化を尊重してニーズを先読みする姿勢)を基軸とした施設・商品サービスを、カジュアル路線からラグジュアリーなグレードのものまで、きめ細かく構築していくこと(下図参照)が、ムスリムの巨大市場を顧客化するカギになるのではないか、という考え方についてご説明しました。

様々な文化、宗教を尊重し、誰もが安心して楽しめる環境を作るということは、対ムスリムマーケットに限らず、観光業、ホスピタリティ業の本質であるということを、改めて認識した、有意義なセミナーでした。

#ツーリズム, #ハラル, #観光,#ムスリム

                    当社作成

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

論文発表のご報告(日本マーケティング学会)

2021年10月17日(日)にオンライン開催された日本マーケティング学会カンファレンス2021にて,オーラルセッションを行いました。 サービスの価値共創においては,顧客だけではなく,従業員にとっての価値の創造も同時に行われており,この「互恵的な」価値共創によってこそ,顧客と企業(従業員)との良好で長期的な関係性が実現できること,そして,これを実現するためには,従業員のQWL(Quality of

論文掲載のご案内;2021年3月

当社代表 窪山哲雄の論文「価値共創型サービス・マネジメントの実践的フレームワークの創生-サービス特性を焦点としたマーケティング研究-」が京都大学学術情報リポジトリに掲載されました。(閲覧は下記URLよりどうぞ) https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/263818

インタビュー記事掲載のお知らせ(iichiko, spring 2020)

社会学者の山本哲士先生と当社代表の窪山哲雄の対談記事が掲載されました。テーマは「ホスピタリティともてなしとサービス」。社会学や哲学的視点からサービス実践を捉えなおすことは,不確実性の高い現代を生き抜かなければならない,あらゆる産業界の事業社にとって重要な示唆を得ることができます。 LIBRARY iichiko, quarterly intercultural, Spring 2020 (No.1