当社の活動報告やお知らせ、ホスピタリティマネジメント、ホテル経営に関するコラムのページです

  • PGHエンタープライズ株式会社

京都大学経営管理大学院主催「観光を考えるシンポジウム」に登壇しました

更新日:2020年2月26日

京都大学経営管理大学院主催,㈱KBS総研,S―イノベーションデザイン㈱共催の「第7回考えるシンポジウム」(2019年11月10日開催)に登壇し,今年の「これ以上,京都に宿泊施設は必要か」というテーマについて,ディスカッションを行いました。

いわゆる宿泊特化型のホテルは十分供給されつつあるのですが、高付加価値型ホテルはまだ不足しており,この部分の充実が求められています。また,単純に宿泊料金が高いホテルを高級ホテルと呼ぶのではなく,あえて,「高付加価値型ホテル」とする点に意味を込めています。この存在こそが,地元地域活性と直結する価値を提供することができると,当社は認識しているためです。高付加価値型ホテルとは,ホテルを形成する3要素である「ハードウェア(施設設備)」「ソフトウェア(商品サービス)」「ヒューマンウェア(人材)」の質を高め,顧客に豊かな経験価値を提供するホテルです。この3要素の充実なくして,単なるSDカーブ(需給カーブ)によって料金を乱高下させることは,結果的に顧客を失うことになってしまいます。宿泊客だけではなく,地元住民を含めた,全方位のステークホテルダーの観察し,ニーズに応えていくことで,その土地ならではの魅力を備えたホテルを醸成できれば,観光客は故郷に帰って,そのホテルと土地の魅力を伝える「語り部」となり,地元住民もホテルを通じて,自らの観光資源を再発見し,誇りをもって,ホテルと共存共栄できるようになる。更に,こうしたロイヤルティの高い内外の顧客に支えられ,従業員のサービスも磨かれていく。市場が成熟し,グローバル化が推し進められた現在においては,ホテル事業というものを,単なる宿屋ではなく,こうした俯瞰したストーリーを内包し,サービスとマネジメントに反映するコンセプトとスキルが重要です。それは,競争優位の源泉を支える土台となるといえるでしょう。


関連ページ:㈱KBS総研 広報誌より

      開催報告 前編 https://www.kbsbiz.com/together/pdf/2020/Together2002.pdf

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

論文発表のご報告(日本マーケティング学会)

2021年10月17日(日)にオンライン開催された日本マーケティング学会カンファレンス2021にて,オーラルセッションを行いました。 サービスの価値共創においては,顧客だけではなく,従業員にとっての価値の創造も同時に行われており,この「互恵的な」価値共創によってこそ,顧客と企業(従業員)との良好で長期的な関係性が実現できること,そして,これを実現するためには,従業員のQWL(Quality of

論文掲載のご案内;2021年3月

当社代表 窪山哲雄の論文「価値共創型サービス・マネジメントの実践的フレームワークの創生-サービス特性を焦点としたマーケティング研究-」が京都大学学術情報リポジトリに掲載されました。(閲覧は下記URLよりどうぞ) https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/263818

インタビュー記事掲載のお知らせ(iichiko, spring 2020)

社会学者の山本哲士先生と当社代表の窪山哲雄の対談記事が掲載されました。テーマは「ホスピタリティともてなしとサービス」。社会学や哲学的視点からサービス実践を捉えなおすことは,不確実性の高い現代を生き抜かなければならない,あらゆる産業界の事業社にとって重要な示唆を得ることができます。 LIBRARY iichiko, quarterly intercultural, Spring 2020 (No.1