当社の活動報告やお知らせ、ホスピタリティマネジメント、ホテル経営に関するコラムのページです

  • PGHエンタープライズ株式会社

京都大学経営管理大学院 サービスエクセレンス講座に登壇しました

投稿日: 2018年10 月27日


今回は「サービス俯瞰論」という授業の中で、企業事例紹介として、「サービスをマネジメントするとはどういうことか」というテーマでお話をさせて頂きました。

この講義では、まずサービス業における課題点(生産性をめぐる偏った議論、現場偏重等)を明確にし、その解決のための具体的アプローチについて事例を挙げながら考察しました。

「サービス」というと、捉えどころのない、複雑で難しいイメージを持たれることが多いですが、「事象」の中にある「究理」を見ると、物事がシンプルに見えてきます。日本のサービス、ホスピタリティ業の「究理」とは、「おもてなし」は無駄なコストではなく、生涯顧客を生む重要な価値であるということを論理的、科学的に検証することだと考えます。サービスとは、複雑なのではなく、とても有機的な存在であると言えるでしょう。

社会人学生である受講者との熱心な討議の場となりました。

#京都大学 #サービス #ホスピタリティ


参考リンク http://www.sec.gsm.kyoto-u.ac.jp/news/h290902-opning/

46回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

論文発表のご報告(日本マーケティング学会)

2021年10月17日(日)にオンライン開催された日本マーケティング学会カンファレンス2021にて,オーラルセッションを行いました。 サービスの価値共創においては,顧客だけではなく,従業員にとっての価値の創造も同時に行われており,この「互恵的な」価値共創によってこそ,顧客と企業(従業員)との良好で長期的な関係性が実現できること,そして,これを実現するためには,従業員のQWL(Quality of

論文掲載のご案内;2021年3月

当社代表 窪山哲雄の論文「価値共創型サービス・マネジメントの実践的フレームワークの創生-サービス特性を焦点としたマーケティング研究-」が京都大学学術情報リポジトリに掲載されました。(閲覧は下記URLよりどうぞ) https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/263818

インタビュー記事掲載のお知らせ(iichiko, spring 2020)

社会学者の山本哲士先生と当社代表の窪山哲雄の対談記事が掲載されました。テーマは「ホスピタリティともてなしとサービス」。社会学や哲学的視点からサービス実践を捉えなおすことは,不確実性の高い現代を生き抜かなければならない,あらゆる産業界の事業社にとって重要な示唆を得ることができます。 LIBRARY iichiko, quarterly intercultural, Spring 2020 (No.1