top of page

当社の活動報告やお知らせ、ホスピタリティマネジメント、ホテル経営に関するコラムのページです

  • 執筆者の写真PGHエンタープライズ株式会社

九州観光振興大会にて講演いたしました

投稿日: 2018年2月9日


鹿児島県指宿市「指宿白水館」にて開催された「第2回九州観光振興大会」にお招きいただき、講演をさせて頂きました。九州観光振興議員連盟・(一社)九州観光振興機構が主催する年に1度の大会は、オール九州体制で地方創生を盛り上げようという熱気に包まれ、大変有意義でした。同大会には、九州7県の県会議員、行政、観光団体、宿泊・交通事業者などが参加し、県境を超えた広域観光振興推進について討議されました。

当社は、「これからの時代を勝ち抜く、魅力的な観光地の作り方~「おもてなし」の科学的実践こそが、成功のカギ~ 」というテーマでお話しをいたしました。


温泉や食、温かい人柄など九州にはたくさんの観光資源があります。従って、九州観光の活性化のためには、既にある観光資源や今取り組んでいることを否定せずに、まずはしっかりと磨くことが大切でしょう。ただし、個人個人が持っている知識やノウハウを皆で共有することを意識し、仕組みにすることが肝要で、それによって、成果を何倍にもできると考えます。

観光を通じて地方活性化を実現する過程で大切なことは、次のようなイメージを具体的なアクションに落とし込むことだと私たちは考えています。

(出典)当社PGHエンタープライズ㈱作成

昨今、日本のサービス業の労働生産性が欧米と比較して低いという問題が指摘されていますが、今ある日本の魅力である「おもてなし」を否定し、効率化することで、労働生産性を高めようという論調には、賛同できません。

コトラーがその著作(マーケティングの未来と日本)で指摘するように、本当の競争力とは、実は、一見無駄に思えるような、献身的なサービスにあるのではないでしょうか。それが属人的にならず、会社組織としてきちんと管理・提供することで、サービスの質が担保され、効果を最大化できると考えています。

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コラムを寄稿しました

「ホテルマネジメント実践編―顧客不在のマーケティング:レベニューマネジメントの限界」と題したコラムを寄稿しました 国際観光ホスピタリティ総研株式会社ホームページ↓ https://www.iith.net/post/hospitality-topics-7-ホテルマネジメント実践編-顧客不在のマーケティング:レベニュー・マネジメントの限界

サービス学会第10回国内大会に論文投稿・発表しました

2022年3月7~9日にハイブリッド形式で開催されたサービス学会(会長:原良憲:京都大学経営管理大学院 教授)にて,論文投稿及び発表をおこないました ・窪山哲雄(当社代表)「多様性社会における新たなインターナル・マーケティングー企業と従業員の価値共創ー」 ・本田路子(当社執行役員)「顧客との対話と総消費額重視のサービス経営ー北欧学派のサービス研究の実装に向けてー」 大会概要・プログラム http:

ホテルサービス特化型レポート”Hotel Management Review”創刊

ホテルサービス,マーケティングにについて,より実践に近い視点で分析・提言を行うレポートが創刊されました。第1号のテーマは「ハウスキーピング」です。ホテルオペレーション設計にご活用頂けますと幸いです。 レポートの閲覧はこちらから↓↓↓ https://www.iith.net/post/hotel-management-review-1 発行元は,国際観光ホスピタリティ総研㈱(関連会社)です

Commentaires


bottom of page